2018年8月16日木曜日

Nikon NIKKOR 50mm 1:1.2 369810



Ai50/1.2Sです。膨大なレンズ種類のニコンFマウントで50/1.2はAi50/1.2とAi50/1.2Sの2本だけ。AiとAi-Sのマイナーチェンジなので、実質的に50/1.2は一種となる。AFレンズでは標準F1.2クラスは登場してないし、この先も恐らくFマウントでは登場する気配は無い様子。これより設計が新しいのはノクトニッコール58/1.2だけなので、一般向けF1.2標準レンズとしては、2018/8/15現在で、これが最新レンズって事になる。(ノクトは特殊需要向けでしょ。) 驚く事にまだ新品で販売されてる超ロングラン品の一つ。オリジナルのAi50/1.2の発売が1977年って事なので凡そ40年前。2000年位には「まだ売ってんだ。スゲーな。」って感じだったが、2018年でもカタログに載ってるし、量販店で売ってる姿は地味だけど驚愕する。ニコン凄ぇ~よ。



50/1.2でもフィルター径はΦ52なのはNikkor。ズイコーさんのΦ49ほどでないが、それでも窮屈そうではある。先太りな筒でアダプターでα7につけても違和感少なく結構似合う。

Fマウントニッコールの絞り環は大口径の絞り値の設定の保持力が心もとなく、F1.2にもなると、気をつけないと設定してもF1.4に変わっちゃってる事が多いが、50/1.2は55/1.2等よりは保持力強い。これが単に新しいからクリックが強いのか、以前より改良されて居るのかは不明。

Ai50/1.2Sには銘板のNikonロゴにエラー品があるのを、数年前に教えて戴いた。40万番台のレンズで確認させて貰ったが、Nikonのoとnが変なのがある。



お判り頂けるかな?40万番台



これが私の36万番台。

マニアの方々は凄いですね。物知りです。
何番から何番がこの状態なのかは知りません。
きっと研究家の方々は答えを掴んでるのかも。


開放 - α7、JPEG

開放では周辺減光が大きいです。周辺減光に引っ張られてオート露出がオーバー目になってます。湾曲も大きいです。ボケは古典的ではありますが、硬いタイプではありませんね。若干条件によってはカラーフリンジが目立ちそうな気配あります。

昔のレンズレビュー等では、このレンズは柔らかいって書かれてました。フィルムで使った時の記憶では、確かにキレキレの印象は無く、湾曲が大きかったのであまり使って無いレンズです。でも、今なら大丈夫。湾曲なんか怖くないのでガンガン使います。


F8 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

絞って遠景は全く不満ないです。距離離れると湾曲も改善されるっぽい。


F8 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

これは歪曲少々目立ちましたので、RAW現像時に直してます。


F8 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


F8 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

絞って撮影するとカリカリな印象はないですが、自然に解像してます。最終仕上げてで高周波を少しエンハンスすればパッキリ写る。何よりも色に濁りがなくニュートラルで抜けが良いので現像し易い。これは好い。


開放 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop



開放 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


開放 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

開放で周辺減光が激しく甘いですが、変な話綺麗に甘いので現像でコントラストつけても破綻しないで、それなりに画になります。


開放 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

望海荘は洒落を超えた激坂の上。で、ここが正に激坂の麓。坂の上から車が落ちてきます。


開放 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

中近距離で開放で撮ると、背景ボケにカラーフリンジが、やはり目立ちます。ポートレートに柔らかい感じで良さげですが、カラーで撮るときはケアしないと鬱陶しい場合もありましょう。


開放 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

この湾曲はレンズの所為ではないかと思う・・・
湾曲も偽造なら、カメラも一台インチキっぽい。


F8 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


F8 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

フィルム時代のイイカゲンな記憶と印象よりも、全然使いやすい好いレンズ。


開放 - α7、JPEG

最後に最短付近のフチ子。完全にファンタジーですね。やっぱりボケのカラーフリンジ目立ちます。



F1.2 - F1.4 - F2 - F2.8 - F4 - F5.6 - F8 - F11 - F16

遠景開放は像はヴェールの向う側。周辺は真っ暗。F1.4で極中心のモヤが若干晴れるけど、全体的には大して変わらない。F2で周辺減光大幅に改善されて解像もグッとあがる。このF2はいいですね。でも、F2.8はもっといい。F2.8は内接円を良像範囲がカバーする。個人的な経験則では並みのレンズはF5.6から、不出来なレンズはF8から、良いレンズはF2.8からってね。これはF2.8から立派です。F5.6で最外周以外はOK。倍率色収差は僅かに目立ちます。



F1.2 - F1.4 - F2 - F2.8 - F4 - F5.6 - F8 - F11 - F16

ボケはカラーフリンジ以外は癖少なくて綺麗。周辺減光と湾曲でファンタジー感増し増し。遠景と同様にF2がGOOD。フォーカス部の切れと均一なボケが両立。カラーフリンジだけが惜しい。モノクロポートレートの人は好いかもね。(ポートレートやらんので無責任発言です。)

さて、長い事F1.2のレンズをリリースしてないニコンですが、うわさのミラーレスでは出て来るのでは無いでしょうかね。実用的にはF1.4もF1.2も変わりないと思いますが、昨今は超大口径単焦点レンズが人気です。F1.2が他社には在ってニコンには無い現状。カメラメーカーさんを選択する時に、若い人にとって少なからず影響があるのではと感じてます。40年経って遂に作られる超大口径標準ニッコール。ちょっと気になる存在です。50/1.1かも知れないしねー

あ、標準F1.2無いって書いたけど、これまだ売ってんだったねw

2018年6月18日月曜日

EBC X-FUJINON 1:1.6 f=55mm DM FUJI PHOTO FILM JAPAN (166764)



一眼レフ用に限らず50mm前後の標準レンズで口径F1.6のレンズはフジの50/1.6と、この55/1.6の二種類以外にあるのだろうか? 55/1.6はM42とXマウントがあるので3種だが、光学構成は同じ様子なので2種って事で。F1.6だけでも珍しいのだが、これは更に希少種。135判の一眼レフの大口径標準レンズは大概は変形ダブルガウスだが、これは珍種のビオメター(クセノター)タイプ。僕の記憶容量の小さい脳みそストレージの中で検索しても他にヒットしないタイプのレンズだ。(あるのかも知れないけど・・・)135判の大口径クセノタータイプだとキャノネットの45/1.9が思い浮かぶが、あれはバックフォーカス短い組込RF機。135判レンズ交換式一眼レフ用だと他にあるのかな?



ガウス系のレンズより筒が長いのが外見上の特徴?もともと長い筒にアダプター着けると更に伸びて135判一眼レフの標準レンズを多く見てる身には「長!」って印象を受けるのだが、今時のデジカメ用のレンズは筒が長いのが多いので見慣れてきたかも知れない。

筒の作りもXマウント末期の廉価な作りと異なり、普通にキチンと不満無い作り。重さはF1.4並の240g。


開放 - α7、JPEG

レンズ構成が珍しくても、通常撮影の写りでハッキリ判る特徴は感じない。ゾナータイプとダブルガウスタイプの比較だと、性格が正反対的な違いがありますけど。


開放 - α7、JPEG

最短撮影距離45cmなので結構大きく写る。ボケのエッジに少々カラーフリンジが目立ちます。


F8 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


F8 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


F8 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

F8で撮ってると全く不満無い。このレンズの評価と言えないけど、Xマウントのオリジナルカメラで使ってるより、α7にアダプターで使ってる方がカメラの感触良いので幸せかも・・・


開放 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


開放 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


開放 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


開放 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

開放で極端にハレーション起きない感じで画は作りやすかった。カラーフリンジは出るのでケア必要。


F8 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


F8 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


F8 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


F5.6 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


F4 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


F8 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

さて、困った。せっかく珍しい光学構成なのだから、通常と明らかに違う個性を提示したい所なんだけど、撮った結果は普通にキチンと写ってしまいます。そりゃそうだよね、では些末な違いを求めていつものテストを見てみましょ。


F1.6 - F2 - F2.8 - F4 - F5.6 - F8 - F11 - F16

遠景テストの場合は個性ではなく解像性能。開放では中心も含めてトロトロです。F2開放と大して変わりません。F2.8で幾らか良くなりますが中心だけの話で少々残念な状態。F4で随分改善されてきます。どんなに暗くても記念写真はF4が限界ですね。F5.6は良いです。実用的にはF5.6なら全域で、まずまず不足なし。F8かF11がベストです。絞って全体にシッカリ写りますが、キレッキレなレンズには感じません。倍率色収差は良好に補正されてます。


F1.6 - F2 - F2.8 - F4 - F5.6 - F8 - F11 - F16

この条件でのボケは開放では水彩画チックです。巧く言葉で表現出来ませんが、見慣れたダブルガウスとは気持ち違うように見えます。でも、これがクセノター構成の所為なのかはサッパリ判りません。(笑)

さて、このレンズなんでクセノタータイプなんでしょう?何か狙いがあったのでしょうか?僕の想像ですが、エンジニアさんの遊び心だったのでは無いでしょうかね?チャレンジと研究を兼ねた遊び。135判一眼レフ用の大口径標準レンズは変形ダブルガウスが確立されてる時代です。カメラ発売の度に標準レンズ作ってる感じのフジフィルム、きっと毎度の事で飽きちゃってたのではないかと勝手に想像してます。

なんにしても、55/1.6ってスペックも珍しくて、光学構成も珍しいレンズってのは持ってて嬉しい。知ってる人に見せるとニヤっとしてくれます。

2018年4月9日月曜日

ГЕЛИОС-44-2 2/58 8209032



21世紀になって、大人気のHelios44。なんか知らない間に「ボケモンスター」なんて称号を与えられて欧州方面でスターになっていた様子。欧米の流行に弱い日本でもソコソコ人気になっちゃってるっぽいのですが、僕の生活圏の人脈には今時の流行に乗ってる人も少なくて、その人気を実感する時は無いですね・・・

ebayでは魔改造されたHelios44が大量に売られていて、絞り形状を変えられたり、銀ピカに化粧直しされちゃったり、愉快な事態になってます。まぁHeliosとIndustarは真面目な話で天文学的生産量がありそうで。シリアルから1982年製、まだまだ冷戦真っ只中、モスクワオリンピック終えて「アメリカ野郎めなめんなよ。」と共産国家の発展のために毎日沢山作られて居たのでしょう。集めて固めたらクフ王のピラミッドを越えるんじゃなかろうか・・・(適当)



筒の質感が日本を含む西側のプラスチックと赴きが違います。うまく表現出来ないけど、なんか違う。以前ebayでロシアからレンズを買ったら底にUSSR刻印入りソ連製のタッパウェアにレンズを詰めて送ってくれたのだが、そのタッパのプラも、なんとも云えない異文明の質感だった。レンズよりタッパがお宝となりました。

脱線過ぎるので進めます。Biotar 58/2を先祖とするって話なので、雑に比較してみたいとも思う。


開放 - α7、JPEG

開放ではフレアっぽくてハレーション気味。ピントは甘い。この条件だとグルグルは判り難いが、森とか行けばグルグルする片鱗は十分現れてる。

Biotar 58/2と背景ボケの感じは似てると云えるかも。


開放 - α7、JPEG

最短域では甘いを通り越してピントは無い。この辺りの描写が最近の立派に写るレンズより喜ばれるのかも知れない。


F8 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


F8 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


F8 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


F8 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


F8 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

絞って距離置いた撮影には不満はない。
逆光には弱いので、困る事はあるが、そうでなければカッチリ写る。
逆光は「コーティングしてあるのかよ」と思う場面が多々・・・


開放 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

最短域でなければ、開放でもそこそこピントは出た。


開放 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop



開放 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


開放 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

グルグルした画がなくて申し訳ない。そういう写真はあまり撮らない・・・

開放での描写は周辺の流れがエフェクト効果となる。開放の活かし方はグルグルやボケボケよりは、こう云う感じの方が好きなんで・・・


F8 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


F8 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

遠景もシッカリ写る。逆光でなければ・・・



F2 - F2.8 - F4 - F5.6 - F8 - F11 - F16

以前テストしたBiotar58/2と比較すると、焦点距離も同じ様子で、傾向も似てるので先祖がBiotarなのは間違いなさそう。開放での中心部はこのHelios44-2の方が断然キレがある。周辺が強烈に崩れるのは同じだ。F4までは流れが激しいのもBiotarと同じだが、若干Heliosの方が程度は良い。BiotarがF5.6からグンと良くなったと同様にHeliosもF5.6から十分な描写になってくる。傾向は同じだが、試したBiotarとHeliosの場合では、Heliosの方が描写は良い。当たりって事だろうか。



F2 - F2.8 - F4 - F5.6 - F8 - F11 - F16

ボケをBiotarと比較すると、どっちがどっちだか判別出来ない。真面目にこれは粗同じですね。Biotarが欲しいと思ってる人は、見た目や作りを気にしなければHeliosでよろしいんじゃないですかね?

総評(笑)!逆光に弱いがビンテージレンズ、クラシックレンズだと思えば、絞った描写はシッカリしてるし立派な物だ。でも、冷静に考えると82年製なんだよね・・・ビンテージじゃねーし。